掲載媒体によっての違い
2017.03.31

ショートヘアの女性自身のお店をユーザに知ってもらうために有効な手段の代表格として、ホットペッパービューティー掲載のように、情報発信雑誌・サイトを利用することが挙げられます。言うまでもありませんが、ホットペッパービューティーの他にも多くの情報発信雑誌・サイトは存在しますが…これらを比較したとき、どのような違いがあるのか?と気になるところです。

■雑誌を見てくれているターゲット層がはっきりしている
1つは、ターゲット層の違いが挙げられます。多種多様の掲載媒体が存在することは周知の通りですが、各々の媒体には「特徴」というものを持っています。
その特徴は、直接的にターゲット層の違いを生んできます。例えば、ホットペッパーの中でも美容院を中心としてビューティーの掲載になってくると20代~30代の女性がターゲットとなることに。となれば、自身のお店が「どのようなターゲット層を狙ったお店なのか?」をはっきりさせておけば、掲載媒体も自ずと決まってくることになるわけです。繰り返しになりますが、本当にはっきりと分かれてくるため、ここでチョイスミスをしてしまうと、全く効果が得られないこともあるため熟考する必要があります。

■自身が好む雰囲気と一致させることができる
先ほど「ターゲット層が違う」というお話をさせて頂きました。実はこれ、その掲載媒体自体の雰囲気がそうさせていると言っても過言ではありません。
例えば、大人の女性向けファッション雑誌と、10代ギャル系向けのファッション雑誌を比較したとき、雰囲気が全く異なることは容易に想像することができます。このようにビューティー系の世界でも大きく雰囲気が違うことになるわけです。となると以下のような考え方ができます。
・自分のお店の雰囲気と、雑誌の雰囲気が一致する
・その雰囲気を好むユーザが手に取る
・お店の雰囲気を好むユーザが集まり何度も足を運んでくれるようになる
と、リピータ確保に直結してくるほどの違いだということを認識しておくとよいです。

■値段が異なることも大きな違い
最後に紹介する違いは、ごくごく当たり前のことではありますが、やはり重要な部分になってくるため、敢えて記載をさせてもらいました。それが掲載料金になります。ホットペッパービューティーにはホットペッパービューティーの掲載料金があるように、掲載媒体によって料金は大きく異なってきます。特に変わってくるのが「サービス内容」。同じ値段でも、某掲載媒体は、ネットと雑誌で取り上げてくれるけど、違う掲載媒体の場合は、雑誌だけのように。
当然の部分ではありますが、意外と「適当」に決めてしまうケースも多いため、しっかりと熟考をしたいところです。

▲ ページトップへ